いつもゼロ

いつも0 いつもゼロ 何にも起こってない。   起こってないのに、 頭の中だけで、物語をつくっているだけ。   それは架空のストーリー。 実際には起こってない。 何も起こってない。   頭の中で、何も組み立てなければ、 … 続きを読む いつもゼロ

あなたのことが

きらいなの といった言葉は まっすぐに 私に向き直って 私は 自分を嫌いになっていくんだね 私は 自分のやりたいことをやっている この小さな私を 今は だんだん好きになっていってる そして あなたに優しくなっている &n… 続きを読む あなたのことが

五円玉の青春

五円玉が、超バランスでテーブルの上に「立っています」。その刹那が記憶されて、心に焼き付きます。 このあと五円玉は倒れてしまいます。そして、立っていたことは、それを見ていなかった人にとって、なかったことになります。 倒れて… 続きを読む 五円玉の青春

何も知らない

昨年、目からウロコがポロっと落ちるようなことがありまして、以来、いろいろなものがポロポロと落ちまくっております。 すると、ほんまの姿が見え始めるようで、私の中で固まっていた「誤解」がオートマチックに氷解しはじめてきたので… 続きを読む 何も知らない

雨、雨、雨、、、

雨がふる 雨がふっている 長雨は じんわりとこころを湿らせ 雲の掛かる空間と共振している 雨ならば 雨に逆らわず 雨になりきる 雨が 「雨」という自らの名も知らずに 雨であるように 名も無い それが ただ 雨 という状態… 続きを読む 雨、雨、雨、、、