【リード部のみ】29.宙見の神秘学〜多弁なる火星との付き合い方〜

★文字を拡大できます
・Windowsの場合【ctrl】+【+】キー
・Macintoshの場合【⌘】+【+】キー

試し読み(記事ページ)

戦い星 火星

 今話は、火星について考察をいたします。正統占星術では、火星は、戦争や武器を支配すると言われています。
 現在(まで)のこの地上次元の在り方で、ある種の象徴ともいえるのが「戦争」というものです。つまり、この次元を抜けようという今、まさに、この火星との付き合い方を変えるべき時にあるのかもしれませんね。

 私達が、この地球への受肉を選んだ時から、火星の力を内在させることに同意していると言えるのではないでしょうか。(これは火星に限らずですが…)

 ですから、火星の諸力を取り込めないまま(取り込まないまま)地球に到達してしまった場合、地上での滞在時間は、おそらく短いものになるように感じます。

 ……いや、これは、主に中世の時代の話でしょう。策略を巡らして、できるだけ多くを我が物にしようとする肉弾戦が主流であった時代の戦争は、疑心暗鬼の心すらも、ある種のロマンとして捉えられていたので、火星の力を内在させ得なかった無垢な状態の場合、当時(中世)の地上には、とても棲むことはできなかったと思われます。

 火星の周波数は、地球に転生する上での、一種の予防接種のようなものだったかもしれません。

 でも、これからは変わっていくでしょう。それが地球のパラダイムシフトだからです。内なる火星の扱い(方向)が変われば、いろいろな事柄が、ガラッと変わっていくはずです✨

赤い風船(火星)のメソッド

 まずは、今までの「戦い星」としての火星を考察してみましょう……

◆この記事は有料記事🔐です。続きは、下記よりお手続きください。

◆ご購入いただいた方は、29話本編へどうぞ。


*この記事は、月刊『ヘナチョコ神秘学概論』4号(2023年8月)に含まれます。2023年8月号をご購入されると、同年同月更新の記事をすべて閲覧できます。↓↓
▶︎2023年8月号は、こちら

*もっとお得に読むには、定期購読
▶︎定期購読のお申し込みは、こちら

著者について

Author:mi-ke
岩倉ミケ:奇想庵主宰
京都タロット宙のメサージュ ®創始者
ヘナチョコ神秘学講師
詳細はこちら。


welcome

有料記事を購読するには

「奇想庵文庫」よりお手続きください。ご購入されると同年同月の記事を全て閲覧できるようになります。

※パスワードは、お申し込み直後にSTORESから送信される自動返信メールではなく、「その次に送信する」奇想庵からのメールに記載しています。

LINE

更新情報等をLINEでお知らせします。
友だち登録お願いします😊

定期購読にてご覧になる方へ

パスワードは、月毎に異なります。月のパスワードを一度入力していただくと、該当月に更新した記事をすべて閲覧できます。
また、別の月の記事をご覧になるために、別の月のパスワードを入力されますと、当月のパスワードがキャンセルされる仕組みになっています。ですので、当月に戻っての閲覧時に、もう一度当月パスワードを入力する必要があります。
少しお手間に感じるかもしれませんが、閲覧権をパスワードにより保護しておりますので、何卒ご理解くださいませ🍀

京都タロット

● 京都タロット宙のメサージュ®のページへ ↑
↑ (完売しました✨来春新装発売予定)

● 京タロ指南書 ↓ Amazonへ ↓

ニュースレター