『京都タロット宙のメサージュ®最初の指南書』出版のお知らせ

 

  

あなたの運命の1冊になるかもしれない

    

【6月28日(月) アマゾン&パブーにて 発売!】

京都タロットが、どのように生まれたのか?

西洋タロットとの対応と違いは?

大小アルカナ78枚のカード解説ほか、「自分で自分を占う」ためのカードリーディングのコツも丁寧に解説。
京都タロットの骨格に潜む平安京の成り立ちと神秘が味わえます。

浦島太郎やヤマタノオロチなど神話や民話。天照大神から雪女、牛若丸に道真公……など、忘れたくない日本の伝承の数々。豊かな物語性を学びながら、深い自己対話に誘(いざな)います。

  
あなたに見つけられるのを待っていた物語たちが、京都タロットの深遠な世界観の中に立ち上がっていくことでしょう。
この本は、あなたを揺さぶるシンボリズムの指南書です。


 ▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎ Amazon 書店へ 

もしくは、


 ▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎ 電子書店のPuboo(パブー )へ 

   

  

京都タロット宙のメサージュ 最初の指南書

  目次

はじめに
 『京都タロット宙のメサージュ®』の誕生
一、京都タロットの世界
 夢、そして シンボリズムの宇宙へ
 「和」のセンス・オブ・ワンダー
二、ヨミガエリと成就
 集合的無意識というファントム
 神話の機能
 コノハナ性とイワナガ性
 内なる神話とその成就
三、女神性の発見
 女神性の発見
四、京都タロットの二重の骨格
 オラクルカードとの違い
 『夢見の宝船』
 『平安京』
五、平安京と京都タロット
 意識の{入洛|にゅうらく}
 「たろう」側「いちひめ」側
 四つの宮
六、「たろうさん」京都タロットの守護霊
 たろうというシンボリズム
七、大アルカナ 小アルカナ
八、四つのスート(宮)について
 稲穂の宮
 勾玉の宮
 剣の宮
 鏡の宮
九、大アルカナ22枚の解説
《零》たろう
《壱》いちひめ
《弐》ククリ
《参》イザナミ
《四》イザナギ
《伍》イナリ
《六》ムスビ
《七》ヤマト
《八》エンマ
《九》イワナガ
《拾》コノハナ
《拾壱》トリイ
《拾弐》アダシノ
《拾参》イド
《拾四》タマ
《拾伍》オロチ
《拾六》ミカヅチ
《拾七》ハタ
《拾八》セオリツ
《拾九》アマテラス
《弐拾》カモ
《弐拾壱》クラマ
大アルカナ対応表
一〇、小アルカナ 数カードの解説
 数カード [ 稲穂 ]
 数カード [ 勾玉 ]
 数カード [ 剣 ]
 数カード [ 鏡 ]
 宮/スート対応表
十一、小アルカナ 人物カード
《 彦(ひこ) 》
《 姫(ひめ) 》
《 帝(みかど) 》
《 局(つぼね) 》
 人物カード対応表
十二、カードリーディング
 *京都タロットのカードリーディング
 *京都タロットのリーディング法
 *京都タロット的スプレッドについて〜三柱鳥居法〜
 *京都タロット的スプレッドについて〜鳥居法〜
 *リーディングのコツとまとめ
 自己対話を本物にする
 自己対話という意識のシフト
 鳥居法(十枚法)の具体例
おわりに
 「内を観る」在り方から、ただ「ストップ」ということ
謝辞

 

Amazonでの本とKindle、電子書店Puboo(パブー)の3種からお選びいただけます。
(ちなみに、一般の書店からもお取り寄せ可能です。)

 

ご購入は、アマゾン書店

  もしくは、

電子書店のPuboo(パブー)  まで。

 

 

(6/28 発売)

【価格(税込)】
一般書籍(紙)      ¥2,200-
Kindle(キンドル)¥1,100- (←キンドル版は準備中です)
Puboo(パブー )  ¥660

価格差がだいぶんありますが、理由があります。
紙の場合は、印刷代や送料、データ作成に掛けた手間が大きいこと。

Kindleは電子書籍なので、その半額設定にしました。

Pubooも電子書籍であることに加えて、
Puboo側の手数料が高くないことで、よりお安くできました。

 

※ ご参考までに。

パブーでダウンロードしたデータを、Kindleで読むことが可能です。

ただし、データ組版が異なるので、見た目が少し違います。(内容は同じですが)
(この場合に限り、Kindle価格ではなく、Pubooの価格でご購入できます)

若干(3分ほど)手間を有しますが、
Kindle愛用者の方は、一度設定しておくと、見た目の差をお気になさらなければ、
今後、パブーの本は全てKindleで読むことができるので楽&安価。

◆パブーの本をKindleで読む設定方法(パブー 内サイトに飛びます)

 → https://puboo.jp/info/2020/01/16/read/#co-index-2

  

▶︎『奇想庵』トップページに戻る

▶︎「ブログトップ」へ

 

▶︎ 岩倉ミケのプロフィール