3D速解き

警告: 整合性のない脚注開始用の簡単コード:

この警告が見当違いであれば、管理画面の 全般設定 > 脚注の開始・終了用の簡単コード > 簡単コードの整合性を検査 にある構文検査の機能を無効にしてください。

整合性のない脚注開始用の簡単コード:

“(^^; しかし、3Dを解いている人の顔って真剣なのに、まぬけ なんですよね。 先日も娘に「ママの顔、へん」と本屋で大声で言われてしまいました。 それでも時々は書店で訓練してしまいます。勘が鈍ってしまいそうなの…”

わたしの数少ない特技の一つに、『3D速解き』というものがあります。
二つの微妙に違った絵を同時に見つめて、浮かび上がった別の絵を立体視する‥‥
という、あの3D画像。
私は、凸と凹、両方のパターンで瞬時解読できる達人です。
一冊を数分で解読できます。
たぶん全国の同級生の中では百傑に入ると思います。
これが受験科目ならば、東大でもハーバードでも、お茶の子さいさい‥ですけれど(((^^;
しかし、3Dを解いている人の顔って真剣なのに、まぬけ なんですよね。
先日も娘に「ママの顔、へん」と本屋で大声で言われてしまいました。
それでも時々は書店で訓練してしまいます。勘が鈍ってしまいそうなので。
刀も使わなくては錆びるっていうし。
(‥何で3Dごときにそこまで執着するのか…(^^;))
それでふと思ったのですが、二つの違う画像から別の画像を読み取ることは、夢解きと近いのではないだろうかと。
現実と夢をじっと見つめて別の意味を汲み取る‥‥うむむ、深いぞ、3D!

Begin typing your search above and press return to search. Press Esc to cancel.