*祇園祭幻想『水神瀬織津姫の内的神話へ』

祇園祭。  烏丸通りを上がる。 広く歩行者天国。屋台が立ち並ぶ。 時間さえあれば、かたっぱしから山鉾とその会所を立ち寄りたいけれど、もう10時半で、小学生の鈴と二人。  孟宗山(もうそうやま)を左目に映して、ずっと上がっ… 続きを読む *祇園祭幻想『水神瀬織津姫の内的神話へ』