瞬間夢から「ミイラの時代は終わった」

徹夜して朝になって、娘が起きてから寝直したわたしは、昼過ぎに起きると、夫が娘を連れてイズミヤに行こうとしているところだった。 「‥‥午後のひとときをごゆっくりお楽しみください」 と、なんかのコマーシャルのようなフレーズを… 続きを読む 瞬間夢から「ミイラの時代は終わった」

地上の秘密がわかる岩壁の飛び大きな机に触れる夢

明晰夢 シルクロードのずっと西のあたりか、東欧?の古代都市のような、世界遺産にあるような絶壁に窓がついているようなところの岩壁にそって飛んでいる途中で夢に気づく。芸術的で美しい岩肌だと思う。 飛んでいるときは、「これ以上… 続きを読む 地上の秘密がわかる岩壁の飛び大きな机に触れる夢

お弁当をつくり子供らを目的地まで運ぶ夢

知り合いの子供らを、学校?に送っていく役目。 遠足か何かで、お弁当もちで、わたしも自分の子供と他のおうちの方から頼まれて、二人分お弁当を作ることになっている。 冷蔵庫を開けると、ひき肉や卵やピーマンやお野菜がまずまず入っ… 続きを読む お弁当をつくり子供らを目的地まで運ぶ夢