下位の神々

昨夜は眠くてしかたなくて、夫の帰りを待たず、娘と一緒に早々に布団に入る。   うつらうつらしていると、半夢(一応明晰夢)で、うるさい音楽がドアの向こうで聞こえ、娘がわたしに「また来た」と言って、わたしにしがみつく。 わた… 続きを読む 下位の神々