巨大観覧ジェットコースターの夢

ずっとモブログと裏ブログばかりだったので、たまにはこっちも書きます。  本日の夢。   大きな遊園地。外国っぽい。乗り物に乗っている人のほとんどが外人さん。 ○さんと話す。○さんは先だって三人目を産まれたらしい(現実とは…

生活こそがシンボリズム

クリスマスも終わると、お正月に向けての年末モード。 年末の一大恒例行事と言えば、大そうじ。 からだとこころは連動していて、おうちの汚れをとるうちに、一年の心の垢もとれてゆく心地がします。 また会社でも、そろそろ仕事納めで…

ハムラビ王が心配する夢

今週もまたたくまに一週間が過ぎた。 そして、とても寒い毎日。 12月の前半で、ここまで寒いのは、すでに大寒のころのよう。 寒いのちょっと早いなあ。 金曜日は、少し、ほっと一息〜♪   高校時代の友人で、お互いに妊娠を探知…

竹生島、出雲、三輪山巡礼

11月。陰暦ではまだ10月、神無月。 この月を「神在月」と呼び、「神在祭」を行う出雲の国に行って参りました。 また、この一週間前は、日本三大弁天様の一つ、ふるさと琵琶湖の地、滋賀県の竹生島に行き、 さらに出雲「神在祭」の…

実りの秋というシンボリズム

さて、吐く息も白んでまいりました。 木の葉も色づきはじめ、秋も、いよいよたけなわ。 色鮮やかな季節は、ただ眺めているだけでも、心に響くものを感じます。 京都の市内でも北部の小さい盆地に位置するわが家は、四方すべてに山があ…

内なる瀧が流れる夢

昨夜も朝5時まで起きていたけれど、PCを前にうつらうつら‥‥で、非効率。 横になったとたんに、明晰夢。 強烈なエナジーが頭上から爪先まで走る。 ほわほわとした心地よい‥‥では、断じてない。とにかく強烈。 体の中で水が怒濤…

巨大なてんとう虫の夢

(←柿の中のてんとう虫。飴くらいの小ささ) 雑巾がけをしていて、木製の小さな柿の小物を、ふと手に取る。 真ん中でフタが開くようになっている。開ける。 中から、木彫りのかわいいテントウ虫。しかけで、足がフラフラと動く。 足…

暗いお風呂で井戸を感じる夢

娘の秋休みも本日まで。 どこか連れていってあげようかの。   あの二十六夜から、わたしは、小学生のような健康的な睡眠サイクルに入っております。 だいたい8時半くらいから9時半には寝ついて、早いと四時、遅いと六時くらいまで…

自分を愛すること 許すこと

暑い京都の夏。 祇園祭も終わり、あとはいよいよ大文字。五山送り火。 先日は、下鴨神社の足付け神事に行ってきました。 瀬織津姫に穢れを落としてもらい、気分はすっきり。 京の祭りに参加しながら、わたしの気づきと刷新の日々は、…

シンボリズムかるた『一、まるらるも』

ときどき脳裏に浮かぶ形象や図柄を描きとめることにしました。 稚拙です。ご容赦ください。 今日は、もろカルタ形式で出てきたので描きとめやすいけれど、もっと忠実に描ければと思うのですが。(^^;)   響き:まるらるも もし…