自己対話がナチュラルになっていくツール

先日、ノート 宙のメサージュ+を創らせていただいた方から

「物語と、あるワードの関連が気になって、

 自分に問いかけたところ、涙が流れた」

というお話を伺った。

「自分に問いかけた」というところ

わたしの最も伝えたい、自己対話そのものをされていることに、

じわっと感動した。

 

ゴールなきゴール、自己対話。

最初であり、最大であり、終焉である、自己対話。

 

物語が浮かぶことで、だれかに問うのではなく、自然に、自分に問いかけるようになる。

そして、これが、ほんとうの全てのはじまりで、終わりなのだ。

 

すべて、自分(の奥)が知っているとは、なんという安堵感だろうか☺️

すべて、自分で自分に聞けばいいだけとは、なんという嬉しさ!