反転した

「反転した?」

美しいA子さん(実在の人)が、私の夢の中で、

この言葉を わたしに放ったのは、

たしか2019年の12月だったと記憶する。

 

かれこれ40年前になるのか、、、13才のある秋の日から、

5、6年程度、わたしは「反転」状態にあった。

しかし、悲しいことに、20才くらいには、その感覚が抜けていき、

その後、厳しい探求時代がはじまった。

終わりを迎えるものは、ほんものじゃないのだけどね。

 

 ……と、まあ、終わったことは もういいのだ。うん。

その後、反転モドキを通過しながら、

思えば、この1年を通して(コロナ禍が遠因となっていると思う)、

内に意識を向け続けることをした結果、

8日 ほぼ完全に?「反転」に成功する。

 

これをお読みくださっているあなたは、

ひょっとしたら反転したい方かもしれないので、

反転を加速させたと思われることの一つを紹介しよう。

 

「自分」からズレた! と認識したとたんに、

両手を こうする。↓

「自分」にもどすイメージ✨

長いこと、京都タロットの零番『たろう』の薄紫の雲の上が、

わたしの定番反転ルーティンだったが、

プラスαで、手をこうしたら(↑)

反転の最後のひと推しになった。

ぜひ、おすすめしたい。

 

反転って何かって?

また、追い追い お話していきます。

簡単にいえば、すべてにおいて、いつでも内面対話状態というか、

内に向かってさえいれば、大安堵状態になるので、

自分のなかに、軸が通り、坐る感覚ができて、

それが、もう、なんというか、幸せでしゃあない感じになる。

 ……簡単にいうてないやん。( ̄▽ ̄)

えっと、ひとことでいうと、

「これでいい!」って感じになるんです。